日本ハーモニカ芸術協会について沿革・役員名簿

はじめに

日本ハーモニカ芸術協会は、「佐藤秀廊先生創案の複音ハーモニカ日本的奏法によるハーモニカ音楽の研究、普及及び継承並びにハーモニカ音楽全般の発展を図ることを目的」として、全国的に活動を展開している団体です。
事業内容としては、グレード制度(初級、中級、上級、研究科、準師範、師範及び大師範)、ハーモニカ音楽に関する各種講座・研修会、定期演奏会、複音ハーモニカコンクール等を実施し、更に会報として「口琴藝術」を年3回発行し会員の皆様にお送りしています。

佐藤秀廊写真1981

沿革

ハーモニカは1827年頃にドイツで発明され、1896年(明治29年)東京・銀座十字屋楽器店がドイツから輸入したのが日本での始まりです。
佐藤秀廊先生は1899年(明治33年)に生まれ、19歳頃にある中国人の集会でハーモニカを演奏したのがきっかけで、ハーモニカ演奏が世間に認められるようになり、絵画とハーモニカ両方の生活を送っていた。

大正12年(1923年)関東大震災が発生、この地震で右肩に大きな負傷を負い、右手の自由がきかなくなったため、絵画を諦めハーモニカ音楽に傾注。玩具視されていたハーモニカに、分散和音奏法、ヴァイオリン奏法、マンドリン奏法等を創案し、これを高度に生かした編曲によって芸術性を高めハーモニカ音楽に新機軸を開いた。

1927年(昭和2年)ドイツで開かれた「ハーモニカ誕生100周年コンサート」に日本を代表して参加・優勝する。佐藤秀廊先生が集大成した奏法は「日本的奏法」と呼ばれ、門下生たちが後世に伝えようと1949年(昭和24年)「佐秀会」と言う組織を立ち上げ、1986年(昭和61年)に、会の存在を一般の方に理解して頂くために、佐藤秀廊先生が目指した「ハーモニカ芸術」を掲げ、会の名称を「日本ハーモニカ芸術協会」と改め、現在に至っている。

(巷談 佐藤秀郎伝より)

厚木トリオ1989 厚木トリオ1989

岩崎先生と子供達 岩崎先生と子供達

第35回 東北ハーモニカフェスティバル 第35回 東北ハーモニカフェスティバル

日本ハーモニカ芸術協会役員

役職名 氏名
相談役 上 明子
会 長 田邊峯光
理事長 加藤精吾
副理事長 矢内昭夫
事務局長 矢内昭夫
グレード局長 中西基起
コンクール局長 加藤精吾
コンサート局長 樋口博史
広報局長 岡本吉生
研修局長 大田原健太郎
会計局長 青山恵子
理 事 池田 洋
岩間朱美
宇佐美進
梅田恒弘
大澤龍己
大庭麗奈
木村正義
西周孝夫
中村修一
藤原尊子
本間千恵子
水野隆元
村上博昭
谷田部忠男
監査役 守永俊三
桜井トシ子

JHAA 日本ハーモニカ芸術協会

〒350-1137 埼玉県川越市砂新田 1778-64

TEL/FAX:049-242-7408